インプラントを入れて快適に食事を楽しめています

写真

インプラントを入れて快適に食事を楽しめています

昔治療のために抜歯した箇所に差し歯を入れていたのですが、最近やたらとグラグラするようになり食事をしていて取れてしまいそうな感じがして堪らず、インプラントを入れることにしました。
最近お世話になるようになった吉祥寺セントラルクリニックで入れることになったのですが、私はどうも歯茎の内側の骨が薄いらしく普通にインプラントを入れるとボルト部分が露出すると言われてしまったのです。
これは無理かと思っていたのですが、骨誘導再生法というものを行えば露出部分を隠すことが出来るそうで、差し歯をしてまた取れてしまうと困るのでお願いすることにしました。
骨の組織が再生するまで4ヶ月から6ヶ月程度と説明をされ、メンブレンという人工膜を露出部分に貼ることで骨の再生を促します。
それに感染症などの予防のために人工膜は自分の血液から作られるため、安全性は非常に高いので安心して治療を受けています。
治療は特に痛みも何もなく、食事中に剥がれてしまうこともなく5ヶ月ほどで骨が再生されました。
インプラントを入れてみてボルト部分が露出しているのを私も見ていただけに、それがしっかりと隠れているのが不思議なくらいです。
治療も終わり特に問題なく食事が出来ていますし、美味しく食事も出来ています。
吉祥寺セントラルクリニックにお願いして良かったと思っています。